パスタが大好きでして、高校時代から夜な夜な夜食として茹でては食べ、茹でては食べてきました。
大体1人前200gくらい食べちゃいます。
消費が激しいのでそんなに高いものを買わず、おいしくてかつあまり高くないディ・チェコを普段使いしておりました。

ディ・チェコ No.11スパゲッティーニ | ディ・チェコ | 日清製粉グループ

No.11はスパゲッティーニなので、ナポリタンとかで使いそうなスパゲティよりは細く、個人的に一番好きな太さです。
よくお店でも見かけると思うので、家で使っている人も多いのではないでしょうか。

そんなディ・チェコと今回お別れして、高級パスタのヴォイエロに思い切って変えてみました。

ヴォイエロといえば、「幻のパスタ」の愛称でお馴染みの、ディチェコと同じイタリア生まれのパスタちゃん。

ヴォイエロ パスタ 【スパゲッティーニ(1.7mm) 家庭用商品】日本製粉webサイト

高級スーパーと呼ばれるお店でよく売られていますが、ディ・チェコと比べるとグラム単価で1円くらい違います。
僕が愛用している楽天市場の店舗でも、500gが155円(税込)のディ・チェコに対し、ヴォイエロは500gで207円!高いです。高すぎます。
いつもは10袋(5kg分)買うのですが、びびって4袋しか買いませんでした。
そして今日、はじめてヴォイエロを使ってパスタを作りました。


違いの分かる男になるために、まずは無難にオイル系のパスタにしました。
舞茸とベーコンのパスタです。
まずヴォイエロを袋から出すと、ブロンズ仕様(表面ざらざら系)の麺のため手触りがよかったです。
※ちなみにマ・マーとかのつるつる系はテフロンダイス仕様と言います
茹でるときに感じたのは、ディ・チェコのときよりもしなりが強いため、口が小さめの鍋にもすぐに収まるなあということです。
非常に茹で易かったです。
標準湯で時間も8分と表示してあったのでいつもようにマイナス1分で茹でていましたが、結果的には1分半で十分なアルデンテでした。
具材と適当に絡めてお皿に盛り、ビールをゴクッと飲んでからいざ食べてみたところ、弾力が強く、もちっとしていて非常においしかったです。
さすが幻のパスタ!
小麦の味もかなり感じることができておいしかった!ペロリと完食しました。

高いパスタは高いだけあって美味しいんだなあと思いつつも、このペースで食べるとコスパ悪すぎるので普段使い用にディ・チェコも買っておこうと思います。



Amazon高いなあw

食材はやっぱり楽天市場が最高ですね!