134544879682013208112
21:00から新宿バルト9で「レ・ミゼラブル」を観ました。ちっこいころミュージカルとかで観たり、本を適当に読んだりしていましたが、むずかしくて途中で寝たりして中途半端な記憶だったので非常に楽しみでした。

実際に観てみたら、音楽は全部覚えていてストーリーも5割くらい覚えていてなんとも懐かしい感じで楽しめました。ストーリーは非常に完成度が高く、さすがミュージカルでなんどもやっているだけあって、最初から最後まで飽きない展開でした。

子供への愛、正義について、パートナーへの愛、神への愛、革命への希望、その他なんか色々あって、この映画は年をとればとるほど見方が違う映画なんだろうなと思いました。29歳の今ちゃんと観ることができてよかったです。

キャストでいうと、僕の大好きなアン・ハサウェイとアマンダ・セイフライドが出ていてハッピーでした。ラッセル・クロウもよかった。グラディエイター好きな僕としては、あいかわらずマッチョな演技でたまらなかったです。アマンダ・セイフライドはマンマ・ミーアでも歌って踊っているので安定感ありました。アン・ハサウェイは歌えるのかなあとちょっと不安でしたが思いの外うまいこといっててよかったです。

結構長い映画だったにもかかわらず、映画鑑賞中に寝ることの多い僕が寝なかったので星4つという評価にしたいと思います。星1つ減点の理由は、別に斬新さはないので5つってほどではないかなあという勝手な評価です。

またしばらく時間を置いたら家で鑑賞したいと思います。2013年最高の映画でした!