a0002_008023
前々からおならが臭いことについて悩んでいましたが(※以前のおならエントリー「最近の悩み、おならが臭いことについて」)、10月11月12月にかけて、非常におならの回数が多く、かつかなり臭いことで職場の皆様にかなりのご迷惑をかけてしまいました。
重い空気の漂う会議中から、朝一番の大事な朝礼、そして隣席とメンバーとの仕事についての議論中など、あらゆるシーンにおいて、プッププップとかなりたくさんおならをしてしまいました。
おならは生理現象であり、我慢したくてもできないからしょうがない!と思っていたり発言してきたのですが、さすがにおならが臭すぎて笑えなくなってきたので改善したいと思っています。

色々とインターネットを駆使して情報を集めていたら、僕の生活習慣改善をすれば、そこそこ効果がでそうな施策がいくつか浮かび上がってきました。

まずはおならの回数を減らす方法ですが、「早食いをやめる」これが効果的みたいです。早食いをすると一緒に空気を飲み込みやすいらしく、たしかに「熱々のラーメンを早く食べるコツ(nanapi)」などでも書いていますが、熱いものの早食いをするには空気を一緒に食べるのが一番なんですよね。なので、早食いするのをやめると、空気を飲み込む量も減り、おならの回数も減るみたいです。そして、早食いをやめると食べる量も劇的に減るのでダイエットにも効果ありそうです。

次におならのニオイを臭くなくする方法ですが、2つありました。食べる時間と食べるもの。まずは、就寝3時間前までに食事を終える、ことにしました。あまり外食が好きではなく、かつ間食が嫌いなので、どんなに遅くなっても間食で空腹を紛らわすことなく家で夕食を食べていたのですが、これが逆目にでていたみたいです。25時までには確実に寝るので、帰宅が21時をすぎる場合にはあらかじめ会社近くで夕食をとっておき、そのタイミングを逃すならば夕食は食べずに寝ることにしました。そして、2つ目が食べるものです。肉食ばかり食べるとだめ!というのは前から知っていたのですが、僕が夕食にむしゃむしゃ食べまくる野菜もだめみたいでした。特に繊維質の多い食べ物は消化が悪いため、遅い夕食時に食べたりすると最悪だったのです。どうりで軟便が続くなあ、、と納得です。また、寝る直前に栄養価の高いものを摂取しても、善玉菌に栄養がいかず、悪玉菌(クサイおならの元凶)に栄養がわたってしまい、どんどんおならがクサくなるみたいです。いいことないですね。そして、普段の食事で積極的に摂取したほうが良い物として、納豆などの善玉菌系がいいみたいです。そういえば前職時代は毎昼に納豆をモリモリ食べていたのでおならがクサくなかったのかもしれない…。これからはできるだけ毎日食べるようにします。そして、善玉菌といえばヨーグルトなので、ヨーグルトは毎朝食べるようにしています。ただし、ヨーグルトの善玉菌は腸まで届かないこともあるみたいなので、量をたくさんとってやろうと思います。

まとめると

  • 早食いをやめる
  • 就寝3時間前までに夕食食べ終える
  • 納豆とヨーグルトをいっぱい食べる
こんな感じで改善をすすめていきます!がんばるぞ!