仮説→実行→検証→仕組み化のサイクルはできても、つくった仕組みを自ら疑い(仮設を立て)次のサイクルにいくのがむずかしいんだなあと最近よく現場で思っています。

近頃、外部環境も変化がはやいというか、わりと局面がすぐに変化していくので、いざ仕組み化しても、すぐに壊さなければいけないシーンも多いなという印象です。

なので、検証が済んだら仕組み化は意識しつつも、仕組み化に時間を掛けすぎず、わりとゆるっと次の仮説に移るスピードがポイントだなと思います。