弊社のインターン生に就活中の人が数名おりまして、一応みなさんよりは社会人歴が長いこともあり、ときどき就活相談を受けることがあります。


しかし、リーマンショック前の超売り手市場だった2007年に大学3,4年生だったにも関わらず、脅威の内定数ゼロだった僕に、就活をアドバイスすることは到底不可能です。


画像引用:データでみる就活:朝日新聞デジタル


とはいえ、せっかく相談してくれたのだから、なにかしらお返しをしたいと思って、就活生にぴったりのお気に入りの記事をいつもシェアしています。
それがこちら。


仕事を選ぶ際に必ず考えておいてほしい3つのこと | nanapi [ナナピ]


nanapiの元エンジェル投資家で、(2018/02/17現在)Yahoo!ジャパンの常務執行役員をやっている小澤さんが書いた記事です。


一番好きなポイントは


やりたいことがわからないなら成長産業、成長企業に身をおけ


というところです。


僕が大学生のときもまさにそうだったのですが、自己分析をすればするほどなにがやりたいのかなんてわからなくなるし、実際に社会人になってなにをするのかイメージがつかない。


そうすると、結局身近で一番影響力のある親や大学の先輩などの狭いコミュニティ内での情報しか入らず、なにも考えずに名前の知っているなんとなく有名?すごい?モテそう?みたいなイメージのある会社しか就活対象にならなくなります。


結果、どんなに市場の動向や企業の業績を調べ、世の中のリアルを目の当たりにしても、これまで自分が信じてたものが壊れていくのが怖すぎて思考停止に陥り、嘘で塗り固めた自己PR志望動機、本当にやりたいかった子供時代のピュアな想いを忘れ、気づいたときにはピーターパンは空を飛べなくなり、ネバーランドの思い出も一切忘れ去ってしまうのです。


ピータパン関連の映画で言うと、「フック」がめちゃくちゃ好きです。




ちなみに、一番おすすめな業界はインターネット業界です。(ポジショントーク)
大学生が普段一番接触しているサービス(LINE、Instagramもインターネット業界!)を展開しており、若者が一番有利で活躍できるし期待される。世界中でまだまだグングン伸び続けてて、純粋に楽しい、成果を出した人が仕事的にも報酬的にも報われる、女性でも男性でも外国人でも中卒でもだれでも平等に働ける日本では数少ないダイバーシティな雰囲気を持ち、毎日全員がスーツを来なくてもいい最高の業界!


株式会社crispyでは、週4以上がっつりコミットできる雇用形態アルバイト/パートを募集しています。
crispy Inc. : https://crispy-inc.com/


おしまい