シンガポールで働く女性はどのような服装で働いているのか、気になりませんか??
暑いからみんなTシャツとかなのかな…?なんて思ったら大間違い!今回は通勤途中のバスや電車、ホーカーなどで働く女性を観察してみてわかった、ワークファッションをご紹介したいと思います。


基本的な服装


ワンピースで出勤している女性がとても多いです。しかも花柄だったりAラインや背中がばっくり開いていたりと、日本だと職場に着ていくのは躊躇しそうなパターンの物もご愛用のようです。
ワンピース以外だとセットアップやパンツ、ミニスカートなど様々ですが、ノースリーブ率が高いです。
膝丈スカートをはいている人は滅多に見かけないので、もしいたらよっぽどのオシャレさんか、日本人かと思います。


足もと


90%はぺたんこ靴です!ハイヒールの人なんて、金融系が集まるオフィス街では比較的見かけますが、本当に滅多に見かけない!もしいたら、かなりレアキャラです。
靴のお店はけっこう多く、ポインテッドトゥ、ラウンドトゥなど色、質感、型様々取り揃えてぺたんこ靴が売られています。
あと時々ですが、完全にビーチサンダルの人もいます。服装はセットアップだったりするけれど、足もとはグレーのビーサンなど…。日本だと考え難いですね(笑)


バッグ


トートバッグの人がほとんどです。そして、どうやら出勤スタイルにはLongchamp(ロンシャン)が不可欠みたいです。おそらく、突然の雨があったり湿気の多い土地だったりするので、ナイロン製だけど、きちんとスタイルにも使いやすいといった理由で愛されているのではないでしょうか。
また、パソコンを持ち帰る人が多いようで、かなりいかついPCバッグと二個持ちの人も見かけます。


メイクアップ


みんなとても薄化粧です。眉毛はそのままだったり、チークしていなかったり、マスカラもしていない印象です。
なので、たまにバッチリのおば様がいたりすると目に止まりますね。


まとめ


日本とは少し異なるスタイルを感じ取っていただけましたでしょうか。
人種も様々なので、今回ご紹介できなかったようなものもありますが、是非シンガポールで働く際のイメージに役立ててくださいね。