昨晩、会社でとあるプロジェクトのキックオフ会をしました。
「会」といっても、まだまだ小規模な会社なので参加者は3名だけの会です。
規定就業時間後の19時から開始、また内容的にキックオフなので風呂敷を広げてワクワクしながら話したいなと思っていたため、キックオフ会直前に徒歩2分のところにあるデイリーヤマザキへ行き、お菓子やらなにやらをこっそり買い込んでいました。
途中でビールでも飲みながらでもいいかな〜と思い、ビールに合うものとかも含めて。


19時ごろに参加者が集まりそろそろキックオフを開始しようとしたところ、「ピンポーン」とドアベルが鳴り、誰か来たのかな?と思ったらピザ屋さんがピザを届けに来ました。
俺頼んでないのにどうしたんだ??と一瞬思ったのですが、すぐにCTOの高丸が頼んだとわかりました。


ちょっと感動したのは、別にどういう感じでキックオフ会を迎えるのか事前に話してなかった(基本的にオフィスで会話はあまりなく、席は並べていますがslackで会話しています笑)のに、どういう感じでキックオフ会をしたらいいのかの方向性が一致していて、それを見越してお互いこっそり準備をしていたことです。
価値観というか、ツーカーというか、阿吽の呼吸っていうのは本当に大事だなと改めて思いました。


キックオフ会は無事にいい感じに酔っ払いつつも、当プロジェクトの夢や浪漫を大いに語らうことができ、とても良い会となりました。
早く成果を出せるようにがんばります。