シンガポールにラーメン屋は星の数ほどありますが、そんな中でもハイクオリティのラーメン屋が一堂に会する場所がBugis+にあります。Bugis+というショッピングモールは、MRTのDowntown Line(ダウンタウンライン※通称ブルーライン)のBugis駅から徒歩5分くらいの場所にあり、若者に人気のあるファッションブランドなどが入っているおしゃれなモールです。
今回はラーメンチャンピオンの中でも、二郎インスパイア系ラーメンを提供しているラーメン力(Ramen RIKI)に行ってきました!


ラーメン力はラーメンチャンピオンの一番奥にある


多くのラーメン屋が出店していますが、力はその中でも一番奥にお店を構えています。平日のかなり空いている時間帯にいきましたが、店員さんは4人くらいいました。


マシマシは無料!英語ではモアモア(more more)またはオールモア(all more)!


なんと二郎ぽく野菜マシができます。英語だとモアモア、オールモアというと伝わります。野菜は300gまで増量可能。迷わずオールモアしました。


お金は後払い式。呼び出し用ブザーを渡される


フードコートと同じように、オーダーが終わるとブザーを渡されます。ラーメンができあがるとブザーがなってカウンターに取りに行く形式ですね。


ついに着丼!


もっとしょぼいかと思っていたのですが、意外と野菜モアモアの貫禄がありました。チャーシューは二郎のそれとは違ってちょっと頼りないですが、それでも充分です。
味はというと、日本にある二郎インスパイア系とくらべても遜色ないレベル。むしろ、いい加減な二郎インスパイア系よりもおいしいと感じました。シンガポールでこのクオリティはすばらしいですね。ただし、このラーメンで$16(日本円で1400円くらい)なのでかなり割高感はありますが…。


他の日にも行ったときの写真



なんかボリュームが出てない。



いい感じに大きい。


結論としては、超ありだった


シンガポールでこのクオリティのラーメンを食べられるならばS$16(2016/09/22現在だと1200円くらい?)とかなり高いですが、我慢してずっと食べられないよりはいいなと思いました。月に一度は食べに来たいですね!