常夏シンガポールから、お忍びで開発合宿にやって参りました。今回は超弾丸訪日で、金曜朝にシンガポールを出て夕方に日本に到着。そのまま実家に泊まって翌朝土曜日から日曜日まで一泊二日の開発合宿です。そして今晩日本に帰る予定です。爆買いする暇もありません。


泊まったところ


今回のお宿は「おんやど恵」という湯河原にある温泉旅館です。湯河原駅からはバスで10分くらいで、バス停の名前はなんと「理想郷」と言います。すごい名前。



※小学校前や道中なんかもネーミングがよかったです


料金やプランについて


今回泊まった宿ですが、「開発合宿プラン」というものが用意されており、一泊二食付きでなんと10,000円(税別)!めちゃ安いので、まあそれなりの感じの宿なのだろうと思っていたのですが、想像以上によかったので簡単にご紹介します。


※注:オプションによっては10,000円以上になることもありますので、詳細は各自宿のwebサイトをご確認ください!


10,000円になるわけ


開発合宿モニタープラン」というものが用意されており、アンケート記入と開発合宿についてのブログを書くと割引しますよ!というキャンペーンをやっているため安くなっているというわけです。
宿の社長がもともとエンジニアだったために、開発者のためのプランを用意したとか、、すばらしいですね!


よかったこと


  • 温泉旅行で来ても充分に満足するくらいいい宿だった
  • 会議室は夜中でもぶっつづけで利用できる
  • とても広い会議室を利用できる(ペパボさんの合宿で40人入ってるくらいのキャパシティ)
  • 電源タップがたくさん用意されている
  • ポットとお茶が用意されており飲み放題
  • 椅子に低反発クッションが備え付けられておりおしりが痛くなりにくい
  • 長机なのでチーム作業が捗る
  • 大きなホワイトボードがあり、マグネットも付いている
  • wifiはもちろん完備
  • 料理がおいしくて白米がおかわり自由
  • 足湯がある
  • 温泉がめちゃくちゃ気持ちいい
  • 温泉が24時間利用可能

今後さらに期待したいところ


  • wifi環境をさらに強化!(一人PC1台、スマホ2台x5人とかだと結構きつくなって困った)

さいごに


いくつか開発合宿には行ったことがありますが、今回の「おんやど恵」はめちゃくちゃ最高でした!また来たいと自信を持って言えるレベルです。結局13時に宿につき会議室で作業を開始し、15時にチェックイン手続きをしてまた作業を再開し、18時に夕食を食べて19時から作業を開始し、翌朝の4時まで集中して開発できました。その後、誰もいない温泉にゆっくり浸かり疲れを癒やし、朝の7時半に起床して8時から朝食を食べ、9時から作業を開始して11時にチェックアウトし、12時まで会議室利用できたので、一泊二日ながらも、途中休憩を考慮しても13時間くらい作業できた感じです。最高です。