好き嫌いが全くなく超雑食なので、シンガポールにきてあらゆる食べ物を食べましたが、その中でも一番感激したのが「肉骨茶(Bak kut teh/バクテー)」というもの。

セットで頼むと揚げパンがついてくる
揚げパンをつけて食べるとやばうま

これがやたらめったらうまい!僕がよく行く店は「老街」というお店なのですが、ご飯、揚げパンがついたセットメニューが定番ぽいです。
なにがやばいかというと、まあいわゆる濃厚とんこつスープなので、僕が大好きなラーメンスープに限りなく近いというだけではあります。唐辛子調味料とか醤油ダレとかを自由にトッピングできるのですが、醤油ダレを少し入れるとまさに豚骨ラーメンのスープになります。にんにくもききまくってるのでやばい。
スーパーにも肉骨茶キットみたいなのを売っていたので、ラーメンの麺を使ってなんちゃって自家製ラーメンでも作ろうかな。


ちなみにWikipediaには以下のような説明が載っています。


ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に用いるスパイスと中国醤油で煮込んだ料理で、一般的には土鍋で供される。前述の食材に加えてレタス、きのこ類、湯葉、厚揚げや油条(中国式の揚げパン)などが用いられることもある。 スパイスにはスターアニス(大茴香)、シナモン(桂皮)、クローブ(丁子)、コショウ(胡椒)、ニンニク(大蒜)などがよく使われるが、他にも多様な組み合わせがある。 スープは烏龍茶のような深い褐色であることが多く、茶とはいうものの、一般的には茶葉は使用しない。また、しばしばお茶漬けのように米飯にかけて食される[2]。 外食として朝食や昼食で食べられることが多く、現地ではファーストフードのひとつであるが、その他の地域では薬膳料理としても紹介されている。


肉骨茶 – Wikipedia


それと、「死ぬまでに食べたい!!シンガポールで食べられる超絶絶品肉骨茶ベスト5」みたいなシンガポールの記事もありました。僕の好きな老街は載っていませんがw
5 Best Bak Kut Teh in Singapore : http://ieatandeat.com/5-best-bak-kut-teh-in-singapore/


僕の愛する老街は以下からどうぞ。
Old Street – Bak Kut Teh : http://www.oldstreet.com.sg/