1年に一回買えなきゃいけないのですが、3年間変えていなかったKALAのロングネックソプラノウクレレの弦をついに交換しました!自分でやると面倒くさいので渋谷のクロサワ楽器に持って行きました。渋谷のクロサワ楽器は、一階がウクレレコーナーになっております。


弦のお好みを聞かれたので、濃いめ、多め、柔らかめ…ではなくて、前に弦の聴き比べをして気に入っていたMartinの弦にしてもらいました。弦代700円と手数料1000円で合計1700円(税別)でした。時間は30分くらいかかりました。


家に帰ってチューニングして弾いてみたら、前とはかなり違う音、そして弾き心地も違いました!音は柔らかく伸びが良くなりました。弾き心地は、弦に柔軟さがあるので爪の引っ掛かりがねちっこい感じがします。艶っぽく弾けそうです。


次回はメインウクレレであるKamakaのテナーサイズの弦交換をしようと思います。変化が楽しみです。