さっさと会社を抜け出し高田馬場の千代作へ。
つい2日前くらいに、店主の千代正純さんと一緒に武道館までローリング・ストーンズのLive映像観賞会にいったばかりだったが、近頃千代作のラーメンは味わっていなかったので途中下車して行ってみた。

ついた時間は19:30くらいだったので、いつもの構成である正純さんとおじさんの組み合わせだった。
千代作のラーメンは今年ついに50円値上がりをしており、600円のラーメン食券を購入。(600円でも十分に安い、うまい、はやい、ドンブリが深い)
僕が最も好んでいる一番奥の席は他のお客さんで埋まっていたので、手前の端っこの席についた。
今回、僕の9年に渡る千代作ライフの中で、初めて「濃い目」をオーダーした。
これまでの僕に抗うパンクなオーダーだった。
というのも、千代作離れをしていたこの2年間、様々なラーメンを食し、中でも家系的ならーめんである青物横丁にあるまこと家のせいで、むやみやたらに濃い味のラーメンを好むようになってしまったのだ。
家系の中でもわりかし上品なスープに定評のある千代作を愛していた僕としてはあまりにも不覚だった。
というわけで濃い目にしたのだった。
盛り付けはおじさん的な上から海苔覆うバージョン。
実にうまかった。

帰りは正純さんと軽く談笑してから帰路についた。

[ad#ad-468×60]

“続・千代作日記的な記録” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です