レオナルド・ディカプリオ主演の本格ミステリー大作、シャッターアイランドを観た。
同じ部署の女性先輩社員が、ものすごく良くて3回くらいみちゃった!というので、そこそこ期待値を高めにして見に行った。

当作品はネタバレ厳禁モノのためストーリーを書くことはしないが、超簡単に言うとシックス・センスと同じ展開だった。

ストーリー展開自体定番の流れを汲んでいるのではずれはしないものの、思い出に残る作品とは言い難いかなあといった感じ。
車で走っているシーンの、背景に流れる森の描写が3Dぽすぎて興醒めしたのは記憶に残っているけども。

久しぶりにディカプリオを見に行くにはちょうどいい映画だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です